大阪市東住吉区の歯科医院 なごみ歯科・矯正歯科

東住吉区役所 南隣りの歯科医院
東住吉で矯正をお考えなら
なごみ歯科・矯正歯科

 

Org

ホーム ≫ 入れ歯治療 ≫

入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯治療
歯を失うと、発音、咀嚼などに支障をきたし、失った歯だけではなく周りの骨や組織の他に、見た目にも影響を与えます。歯を失って噛む事ができなくなると顔の筋肉が衰え、年齢よりも老けて見えるようになりやすいです。
そこで、失った歯を補う治療として入れ歯があります。当院では歯を補う方法として入れ歯、インプラント、ブリッジの説明を行い、患者さんに合わせた治療を選択していきたいと思います。
まれに「歯が無くても何の問題もない」と、硬い煎餅などを食べている方もいます。歯を抜けたままにしておくと、噛む力が弱くなるだけではなく、残っている歯に負担がかかり過ぎたり、歯が傾いたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりします。
歯は抜けたままにせずに、しっかりと歯医者で治療しましょう。

入れ歯治療の流れ(入れ歯製作の流れ)

まず入れ歯の治療の流れについて説明します。実際に当院を受診された際にはさらに詳しく説明いたします。

まず、歯と歯茎の型どりをします。
咬合採得(咬み合わせをみます)
個人の型に合わせて歯を並べ、仮の入れ歯を作製します。
咬み合わせや形態やバネの適合をなどのチェックをし完成です。

入れ歯の種類と選び方

入れ歯には保険適応のものと保険外適応のものがあります。機能や審美性、装着感、費用などを考慮しつつ、患者さんの希望に合うものを選びます。

保険適応の入れ歯

レジンとよばれるプラスチック製の入れ歯になります。
自費の入れ歯と比べると、安価で作製できる点がメリットです。デメリットは、厚みがあるため熱が伝わりにくかったり、厚いがゆえに異物感が強い点です。
保険の入れ歯は一度製作すると6ヶ月は作りかえはできません。

aesthetic026

自費の入れ歯

より審美性を求めたい場合、違和感をなるべく少なくしたいという方に、自費の入れ歯をお勧めすることもあります。主に次のようなものがあります。

  • 金属製のプレートを使用した入れ歯(薄くて違和感が少ない。)
  • ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯には必ず引っかけるバネが存在します。それを歯茎に沿わせて見えにくくするような入れ歯です)

 

院長より
入れ歯は違和感が強く出ることが多く、使い辛いと考えている方も多いですが、治療としては素晴らしい方法だと考えております。どうしても使いづらい場合は、色々と形を変えて工夫していきます。
入れ歯の形は決まっているようで、様々な形をつくることが可能です。
入れ歯が合わないなと感じている方は、入れ歯の形を変えることも一つの選択肢かと思います。気軽にご相談ください。

なごみ歯科・矯正歯科

【電話番号】 06-6115-8910

【住所】 〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1丁目-14-1

【診療時間】 - 平日 -
午前 9時半~12時半
午後 14時半~19時半
- 土 -
午前 9時半~12時半
午後 14時~17時半

【休診日】 火曜、日曜、祝日

【受付時間】 診療時間の30分前まで

アクセス

モバイルサイト

なごみ歯科・矯正歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら