大阪市東住吉区の歯科医院 なごみ歯科・矯正歯科

東住吉区役所 南隣りの歯科医院
東住吉で矯正をお考えなら
なごみ歯科・矯正歯科

 

Org

ホーム ≫ 歯の移植治療 ≫

歯の移植治療

歯の移植治療

bridge002
歯を抜かなければならない状況の方は、歯の移植ができないかどうかを考えてみてはいかがでしょうか?

悪くなってしまった歯を抜くことは、どの医院でもしているでしょう。
なごみ歯科・矯正歯科では、まず歯の保存を試みます。しかし、治療の甲斐なく症状が良くならない場合は、抜歯せざるを得ない状況となります。
もし治療してもダメな場合は、親知らずを移植する自家歯牙移植を検討しませんか?どうしておやしらずを移植するのかというと、おやしらずの移植は保険診療の適応であるからです。どの歯をどの部位に移植しても本来は問題はないのですが、おやしらずの移植のみ保険診療が可能です。

歯を抜いてインプラント、ブリッジ、入れ歯にするというのはどこの歯科医院でも説明を受ける治療方法です。
しかし!インプラントに勝るのは、ご自身の歯そのものなのです。おやしらずの移植をしても、難しいようならインプラント、ブリッジ、入れ歯の治療も可能です。

既に悪い歯を抜いて親知らずを移植することで、よく咬めるようになった方もいらっしゃいます。

インプラントもすばらしい治療法かと思いますが、まずは歯の移植の適応でないかを検討してみませんか?

親知らず(智歯)の移植メリット、デメリット

おやしらず(智歯)の移植はメリットも大きいですが、デメリットもあります。
まずはメリット・デメリットを考えながら治療していきます。

・メリット

ご自身の歯を使用するので、体にとっては一番良い
アレルギー反応もない

・デメリット

智歯を残しているので腫れる可能性あり
予後が不明
 

移植時の条件について

①なるべく健全なおや知らずであること


あたりまえですが、大きなむし歯があるおやしらずや、重度歯周病のおやしらずは適しておりません。また下の親知らずで多いのですが、横向きに生えているおやしらずは移植にはむいておりません。

②可能であれば年齢が若いこと

歯牙移植が成功の一つのカギが歯根膜の活性状態と言われております。歯と体をくっつけている組織が歯根膜といわれており、その活性が年々低下するといわれております。ですので年齢が若いほど有利といわれております。しかしながたあまり若くして歯を抜くことがないのでそのあたりが難しいところです。

院長より

親知らず(智歯)の移植はホームページで紹介していても、実際に移植してくれる先生は少ないのが現状です。
当院では患者さんに合った治療方法を選択します。どんなことでもご相談いただければと思います。

なごみ歯科・矯正歯科

【電話番号】 06-6115-8910

【住所】 〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1丁目-14-1

【診療時間】 - 平日 -
午前 9時半~12時半
午後 14時半~19時半
- 土 -
午前 9時半~12時半
午後 14時~17時半

【休診日】 火曜、日曜、祝日

【受付時間】 診療時間の30分前まで

アクセス

モバイルサイト

なごみ歯科・矯正歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら