大阪市東住吉区の歯科医院 なごみ歯科・矯正歯科

東住吉区役所 南隣りの歯科医院
東住吉で矯正をお考えなら
なごみ歯科・矯正歯科

 

Org

ホーム ≫ マタニティ歯科 ≫

マタニティ歯科

マタニティ歯科

gahag-0035340571
妊婦さんはそれだけで大変です。その上歯医者に行くことは大変か思います。妊婦さんの時からご自身のお口や生まれてくる子供のお口について気をつけてほしいこともすごく沢山あります。
なごみ歯科・矯正歯科では母子手帳での妊婦歯科検診の記入もおこなっております。

 

妊婦への歯科治療について

question-3385451_1920
基本的には妊婦への歯科治療は極力避けたほうがよいとは思います。しかし、実際問題として妊娠中に歯の調子がわるくなったり、痛くなったりすることもあると思います。極力避けたほうがよいけれども、実際に歯の調子が悪くなった時にはどうするのでしょうか???

当然ですが、患者さんの状態によって異なるのはもちろんです。ある程度痛みが強い場合は、やはりある程度の治療をしないといけないと思います。あまり症状がない、痛みが少ない場合は、比較的侵襲がない治療をしたり、あえて治療しないということもあります。

妊婦さんの歯科治療はメリット、デメリットがどうしてもつきものです。なごみ歯科・矯正歯科では患者さんの気持ちに寄り添いながら、治療すべき時はしっかりと治療させていただき、控えたほうが良い歯科処置は、出産後にさせていただきますと丁寧に説明いたします。
 

歯科治療時期

基本的には、妊娠4~7か月のあたりの妊娠中期に歯科治療を行うことがひとつの目安とされています。妊娠初期、妊娠後期でも全く治療しない場合もありますし、デメリットを考えて治療していくこともあります。
妊娠初期は器官形成期です。生きていくのに大切な器官(脳、肺、心臓等)ができてきます。大切な器官の形成期ですので、歯科治療を避けておくという考えです。
妊娠後期では、妊娠初期のように重要な器官形成をするわけではありません。妊娠後期に歯科治療して、早産にならないようにするためです。

妊婦の対しての薬について

歯科治療中は薬を飲んでいただくことがあります。
妊婦なのにお薬を飲んでも大丈夫なのか?小さなお腹の子供に影響はないのか?という心配があるのはよくわかります。
薬も学会で妊婦の安全性がある程度確立しているものを処方しております。

妊婦に対しての抗菌薬(抗生物質)
(日本化学療法学会誌引用)
妊婦に関しての抗菌薬(抗生物質)には上記論文等より、ペニシリン系、セフェム系の安全性を確立しているといわれています。当院では。アモキシシリン(ペニシリン系)を主に処方しております。
抗菌薬(抗生物質)でテトラサイクリン系はお腹の子供に歯の色素沈着、アミノグリコシド系では難聴をきたすので禁忌とされています。
痛み止めに関しては、カロナールを処方しております。
ロキソニン、ボルタレン等は妊婦には処方しておりません。
妊婦の薬物服用(日本産婦人科医会)

妊婦に対してのレントゲン

基本的には歯科のレントゲン撮影の安全性が確保されております。当院では防護衣を着用してレントゲン撮影を行わせていただきます。妊婦にはレントゲンを配慮して撮影いたしますが、診断でどうしても必要な場合もありますので、ご了承ください。

院長より

なごみ歯科・矯正歯科できるだけ無理ない程度治療を行ってまいります。この時期にしっかり治療することによって、生まれてくる子供のむし歯を予防しやすくなります。
なごみ歯科・矯正歯科では予防歯科をお勧めしておりますが、妊婦の時期から口腔ケアを行い、妊婦さんに適切なケアを行ってまいります。

なごみ歯科・矯正歯科

【電話番号】 06-6115-8910

【住所】 〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1丁目-14-1

【診療時間】 - 平日 -
午前 9時半~12時半
午後 14時半~19時半
- 土 -
午前 9時半~12時半
午後 14時~17時半

【休診日】 火曜、日曜、祝日

【受付時間】 診療時間の30分前まで

アクセス

モバイルサイト

なごみ歯科・矯正歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら