大阪市東住吉区の歯科医院 なごみ歯科・矯正歯科

東住吉区役所 南隣りの歯科医院
東住吉で矯正をお考えなら
なごみ歯科・矯正歯科

 

Org

ホーム ≫ 無痛治療 ≫

無痛治療を目指して

無痛治療(なるべく痛くない治療)を目指す

歯科医院に行きたくないのは、治療時に痛いからではないでしょうか。
歯は敏感なため全く痛みなく治療するのはきわめて困難です。しかしその中でも患者さんは痛みになるべく配慮した治療を希望されています。
当院での無痛治療を目指した取り組みを紹介し、少しでも患者さんに安心して治療を受けていただきたいと思っております。よろしくおねがいします。

痛みのない治療

まず無痛治療を目指すには、無痛麻酔が絶対不可欠であると考えております。
「麻酔したら痛くないけど、その麻酔の注射が痛い!」と感じられる方が多いと思います。

麻酔注射の痛みは
①針での刺入部の痛み
②麻酔の温度差の痛み
③麻酔の注入時の痛み
の三つに分かれています。
それぞれの適切な対処により、麻酔に関してはほぼ無痛にて行うことが可能と言われています。当院での麻酔を無痛に行うためのこだわりを紹介いたします。

表面麻酔(ネオザロカインパスタ)

image29

①-1針での痛みの軽減のために

麻酔の注射をするということは、先程述べた通り、針で刺すということです。
この刺す行為が痛みを伴いやすいのです。
当院ではこの刺す痛みがないように、口腔内をよく風で乾燥させて、刺入部に表面麻酔薬(ネオザロカイン)を置いて効かせます。この表面麻酔剤はすぐには効果が出ないので待たないといけません。当院ではこの表面麻酔を2分程度口腔粘膜においてから注射麻酔をしております。この無痛治療のひとつとして表面麻酔をよく奏功させることからまず行います。

最小の針の太さ

針

①-2 針の太さ

当院では35Gの針をを使用しております。健康診断とかで採血されると思いますが、あれは18Gくらいの太さの針です。Gは数字が大ききなればなるほど細い針になります。今現時点ではこの35Gが最小の針となります。当院でももちろん使用しております。浸潤麻酔の際はこの針を用いて麻酔を行っております。伝達麻酔の際は、この針では短いために別の針を使用しております(30G)。

麻酔液

ori_ct10-18_pk1

②麻酔の温度差の痛みに対して

当院では麻酔をする際、事前に麻酔薬を温めてから使用しております。麻酔薬がなるべく体温に近い温度の方が痛みが少ないといわれているからです。ただこの麻酔薬にも使用期限があります。常に温度を温めておくと使用期限が短くなるといわれているので、当院では使用する直前だけ温めて使用しております。

電動麻酔器

DSC04516-min

③注入時の痛みについて

麻酔時は注射をしますが、近年は電動の麻酔器が開発・使用されております。
この電動麻酔器により麻酔薬の浸透の速さを一定に保つことで、より痛みの少ない麻酔を提供しております。麻酔の痛みをブロックするスピードは非常に遅く、注射の麻酔をなるべく遅くすることがポイントだといわれています。しかしながら人間が麻酔するスピードには限界がどうしてもあるので、機械を用いて麻酔のスピードをコントロールし、痛みのない麻酔を目指します。

院長より

麻酔時の痛みを苦痛に感じる方は多いと思います。私自身も患者さんの立場にたって、痛くない治療を提供していきます。まずは上記のような基本的なことをしっかりと行うことにより、術中の痛みを軽減させるようにしていきます。

なごみ歯科・矯正歯科

【電話番号】 06-6115-8910

【住所】 〒546-0032
大阪市東住吉区東田辺1丁目-14-1

【診療時間】 - 平日 -
午前 9時半~12時半
午後 14時半~19時半
- 土 -
午前 9時半~12時半
午後 14時~17時半

【休診日】 火曜、日曜、祝日

【受付時間】 診療時間の30分前まで

アクセス

モバイルサイト

なごみ歯科・矯正歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら